週末の記録

梅雨入り前のベランダ食。 冷や汁の具はきゅうりに小ネギに茗荷に大葉にトマトに揚げナス、豆腐。この日の要はもらいものの魚久の粕漬け。冷や汁と粕漬けなんて初めての組み合わせだけど、こんなに合うなんて(尤も粕漬けはどうやったって美味しいけど!) …

ベスト・オブ・エネミーズ

Amazonプライム・ビデオにて観賞、2019年アメリカ、実話を元に制作。1971年のノースカロライナ州において、学校での人種統合が提案されたのを機に市民による「シャレット」(短期間で集中して議論と提案、合意形成を行うもの)が開催されることになり、公民…

週末の記録

作ってもらったベランダ食。 西友で売っているトニーローマのバーベキューリブに、パンケーキ。前者は箱の説明通り湯煎した後にグリルで焼いて、マスタードを塗ってくれた。下にあしらったのはプランターにわさわさ育っている春菊。後者は「ケーキのようなホ…

ブライト・ライツ:キャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズ主演

Amazonプライム・ビデオにて観賞。2016年制作、原題「Bright Lights : Starring Carrie Fisher and Debbie Reynolds」。見たいと思っていたのがアマプラに入っていたとは気付かなかった。作中引用される、キャリー・フィッシャーによる小説を元にした映画「…

平日の記録

久々に通った小田急エースにて、開店したてのミニストップのソフトクリーム専門店ミニソフの「ワッフルソフトクリーム」のいちごと「のむソフトクリームパフェ」のマンゴー。生クリームがとても美味しかった。 ミスタードーナツのクリスプダブル宇治抹茶は意…

ザ・ハッスル

Amazonプライム・ビデオにて観賞。2019年アメリカ制作、クリス・アディソン監督。フランク・オズの「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ」(1989)に大変忠実で、これじゃあ同じ話じゃん!ってそれをリメイクと言うんだった(更にその元となっている作品は…

週末の記録

浜焼きだよ、と用意してもらったのはイカといわしのみりん漬けときびなごにししとう、蟹の唐揚げ。私は春雨サラダとトマトとアボカドのサラダを作った。 デザートにオードリーのロンシャンティ。これは中の苺に沿ったもう少し小さ目の方が好み。最初の一口で…

クロース・エネミーズ/バンリューの兄弟

Netflixにて、団地が舞台のフランス映画二作を観賞。いずれも男の話。▼「クロース・エネミーズ」(2018年フランス・ベルギー合作、ダビド・オールホッフェン監督)は同じ団地に生まれ育った幼馴染の男二人(マティアス・スーナールツ、レダ・カテブ)が一方…

梨泰院クラス

映画カテゴリながらドラマだし、断っておくと16話のうちの4話までしか進んでいないんだけども、面白く見ているので感想を書いておく。 序盤で主人公パク・セロイ(パク・ソジュン)の「(ある人物の口にした)『復讐』という言葉で空っぽの心が満たされた」…

平日の記録

作ったものと作ってもらったもの。 同居人が取っておいているオレンジページの付箋が付いていた中から、私もたまには料理らしい料理をとミートボールのトマトチーズパエリヤを作ってみた。手の掛かるミートボールはイケアの冷凍食品だけど、なかなかきれいに…

コンフェッション ある振付師の過ち

Amazonプライム・ビデオのおすすめに出てきたのを観賞、原題「Match」。2004年にブロードウェイで上演された舞台の原作者が脚本と監督を手掛けた、2014年アメリカ作品。ニューヨークで一人暮らすバレエ教師トビー(パトリック・スチュワート)の元へ、彼が自…

世界一不幸せなボクの初恋

Amazonプライム・ビデオにて観賞。2019年制作、原題「Ode to Joy(歓喜の歌)」。主人公チャーリー(マーティン・フリーマン)はカタプレキシーで、感情が高ぶると脱力し倒れてしまう。とりわけ「幸せ」に弱いからと恋することを避けてきた彼の、避けられな…

連休の記録

ベランダごはん。 パンケーキはおかずの回と甘いのの回に分けて焼いてもらった。おかずの回には超久々のミックスベジタブル!とスクランブルエッグ、トマトにチョリソー。甘いのの回では生クリームにスイカが案外合うと分かった。 ひじき蕎麦に添えて揚げて…

レイトナイト 私の素敵なボス

Amazonプライム・ビデオにて観賞。2019年アメリカ制作、エマ・トンプソン演じる大物コメディアンのキャサリンと彼女の元でトークショーのライターとして働くことになったモリー(製作脚本のミンディ・カリング)のお話。モリーがセス・マイヤーズ(本人)の…

平日の記録

作ってもらったごはん。 前回のがいまいちだったから再挑戦したいというじゃがいものガレットは見事な出来。私は初めて鶏ハムを作ってみた。丸くなったし火が通ってた、それだけで満足(笑) 大葉を挟んだとんかつがメインの日は他に笹かまぼこの開きのチー…

After Life/アフター・ライフ

リッキー・ジャーヴェイス製作・脚本・監督・主演によるNetflixオリジナルドラマのシーズン2、全6エピソードを観賞。このドラマ、自分(リッキー)がいつも言い散らかしていることを愛する人を失い自暴自棄になった男の所業という体でやってみたらどうだろう…

サーカス・オブ・ブックス

Netflixにて観賞。2019年アメリカ制作、LAのゲイ・ポルノ専門書店「サーカス・オブ・ブックス」を30年間営んできた夫婦にまつわるドキュメンタリー。台所の一家を捉えたホームビデオに幕を開ける本作は、その場でカメラを手にしていた娘レイチェルが長じて現…

ローラン・ラフィット出演作

「スクールズ・アウト」(感想は下に)を機に、ローラン・ラフィット出演作で未見のものをまとめて見てみた。 ▼「アンタッチャブルズ」(De l'autre cote du periph/2012年/ダヴィッド・シャロン監督)は「最強のふたり」翌年のオマール・シーとのいわゆる…

That's What I Am

Amazonプライム・ビデオのおすすめに出てきたのを観賞(「スクール・デイズ」というタイトルで配信中)。2011年アメリカ制作。1965年の8年生、卒業間際の少年が小さな世界の中で大きなことを学んでいく話。主人公アンディが課題の話し合いのため仕方なく「変…

スクールライフ パリの空の下で

Netflixにて観賞、2019年フランス制作。オープニングの、校長が注意しなければおしゃべりの止まない職員会議、同じ朝、同じパーティ、職員も生徒も同じようなものだと思わせておいて、学校においては生徒の側だけが厳格なルールを課せられている。校門を一歩…

週末の記録

今のところ元気にしています。近所の公園で花筏を眺めつつお昼。同居人が作ってくれたお弁当はご飯の上に鮭やら卵焼きやらを敷き詰めた豪華なもの。大きめのしゅうまいが食べやすいよう四つに切ってあるのに感動した。 「作ってみたいと思いつつ作ったことの…

ナイチンゲール

アボリジニの青年ビリー(バイカリ・ガナンバル)が君も食卓につきなさいと言われて流す涙の訳の、ほとばしる一言が強烈だった。まさか映画を見ているあんたたち、ありがたいと感謝してるとでも思ってた?と。アイルランド人の女囚クレア(アイスリング・フ…

平日の記録

あたらしめのコーヒーショップ。 渋谷ヒカリエのカドーナチュールでコーヒーミルクと、おまけのバタービスケット。 成増駅前のCAFE SANS NOM NARIMASUではカフェラテと、ぼってりしたチーズケーキ。ケーキ美味。 お馴染み、といってもそうそう行けないコーヒ…

恐竜が教えてくれたこと

原作小説「ぼくとテスの秘密の七日間」は知らず。映画がよかったから読んでみたい。オープニング、バカンス客が遊ぶ浜辺で一人、棺を埋めるかのような穴を掘って横たわる少年サム(ソンニ・ファンウッテレン)。「一人残された時の気持ち」を知るため、慣れ…

三連休の記録

としまえんの桜。 あと何回来られるかな、のとしまえん桜まつりバーベキューバイキング。桜は五分咲き、風がなく過ごしやすかった。元より卓は離れているけれど、今年はお客がまばらでいつもの三、四分の一といったところ。食べ物も取り放題ではなく一つずつ…

ハラール・ラブ(アンド・セックス)/ゲスト:アレッポ・トゥ・イスタンブール

イスラーム映画祭5にて、時間の合った二本を観賞。 ▼「ハラール・ラブ(アンド・セックス)」(2015年レバノン=ドイツ、アサド・フラドカール監督)は、イスラーム法に則って関係を実践するベイルートの男女三組の話。全編に渡って明るい雰囲気。映画は毎度…

ナショナル・シアター・ライブ 2020 「フリーバッグ」

「ナショナル・シアターが厳選した、世界で観られるべき傑作舞台を、こだわりのカメラワークで収録し各国の映画館で上映する画期的なプロジェクト」(日本公式サイトより)というナショナル・シアター・ライブを初体験。元となっているドラマも未見(これか…

平日の記録

いちごメニュー。 機会があると頼んでしまう、ロイヤルホストの定番・苺のブリュレパフェ。いつでも美味しい。 店舗限定でなかなか食べられないドトールのフレンチトーストのポスターが近所に出現したので入店、いちごとバナナとチョコのを注文。ソフトクリ…

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

私にはとても珍しいタイプの映画に思われた。情報量がとても多く…といっても一見何でもない画に多くの情報が存在しているという意味ではなく、ただただ色々なことが詰め込まれている。理屈や秩序のようなものが感じられない。それはドランが言いたいことをひ…

平日の記録

桜のドーナツ。 スターバックスのさくらドーナツは私の苦手な「桜」味(じゃあ注文するなよって感じだけど)が生地で中和されており食べやすい。コーヒーとも合う。 ミスドの桜フレンチ あずき&ホイップも桜味が薄くて私好みだった。色も可愛い。