バウハウス・スピリット/バウハウスの女性たち


バウハウス100年映画祭」にて同時上映の二作を観賞。

バウハウスの精神は生き続けている」と数々の活動を紹介する「バウハウス・スピリット」(2018/ドイツ/ニールス・ボルブリンカー、トーマス・ティエルシュ監督)は、「垂直」へと手を伸ばすドキュメンタリーに思われた。デッサウ校の住居のベランダに始まり現在のスウェーデンの小学校の「山」、小型住宅の天井高、コロンビアのスラムに作られ犯罪率を下げたという垂直ジムやエスカレーター、ゴンドラなど。教室も時間割もない小学校で働くのには想像できない楽しさがあるだろうと思う反面どんなに大変かと考えてしまう、新しいってそういうことだ。

バウハウスとはまず学校であった」と始まる「バウハウス・スピリット」の後に「バウハウスの女性たち」(2019/ドイツ/ズザンネ・ラデルホーフ監督)の「バウハウスを去った女性は家庭生活においても新しいことをやってのけた」なんて語りを聞くと、学校で一体何を得られたのかと考えてしまう。そもそも彼女達の多くは既に芸術教育を受けており更なる何かを求めていたわけだけれども、具体的にはどんなことをしていたのか、その辺りはやはり自分で調べてみなければ分からず。

設立時には男女平等を謳いながら一年後の1920年には学校が軽視されることを危惧して入学者のうち女性の数を全体の三分の一とした学校において、織物工房に押し込められながらも素晴らしい作品を残した女性達の話は、私には上映前に更なる予告が流れた「この世界の片隅に」とかぶるところがある。もとより織物に興味を持っていようと才能を発揮しようと、(現在の化粧やハイヒールのように明文化されない形で)選択肢なく強制されたこと、「学校の広告では一番下に置かれていた」、つまり認められなかったこと、抑圧下にもそりゃあ素晴らしいことがあろうが、それでもやはり一番に、抑圧下であったことを忘れてはいけないと。

学校に対して疑問を抱く、反抗するのは正しいことだけれども、もとより乗れない土俵というものがある。目をつぶりつつ学ぶことは学んでいた?それは現在の私達もしていることだ。グンタ・シュテルツルが「男女学生に支援され」バウハウス初の女性教員となった(それは学校における下からの改革であった)というくだりでは、それをしていた者が男女共にいたのだと気付かされた。見終わると何だよまったく、私もがんばろうという気持ちになった。

幸福路のチー


「その顔で何々語を喋るなんて」という差別が昨今の日本映画において取り上げられているのか否か、SNSや何らかの記事では特に最近よく見られるようになったけれども、日本映画をあまり見ない私には分からない。他のアジアの国の映画ではよく見る。「スーパーティーチャー 熱血格闘」ではパキスタン系二世の少年が完璧な広東語を笑われ、本作では主人公チーより先に渡米した従兄弟の娘が(父と違って)英語ばかりを喋るのにおそらく対応して、台湾に住む幼馴染の娘が「学校でアメリカへ帰れと言われた」と訴える。

「学校では台湾語は禁止、北京語だけ」(しかしその北京語の元がアメリカの言葉にありもする)に始まりチーが「自由の国」に渡るこの映画を見ると、アメリカ映画が血の繋がらない家族を描き続けることが「できる」のは、遠い国で作られたオーナメントで飾られたツリーを楽しむ側の国だからと言えないこともない。私はそう考えはしないけれども(端的に言って、アメリカ人だって色々だから)。しかし「テロが切っ掛けでアメリカに来た」という視点や、アメリカ映画では浸透しきっているカウンセリングを、例えば仮に私がかの地で受けるとしたら、そうだよね、カウンセラーが日本のことを知らないがゆえにしっくりこないという可能性があるわけなんだよね、という気付きがやはり新鮮だった。

私はかつての自分と対話するということに興味が持てないので、あまりこの映画にはのれなかった(いや、対話してないじゃんと言われればそうなんだけども)。チーの祖母に(映画が)頼りきりなのも好きじゃない。作中最後に姿を見せる彼女が「幸せは永遠には続かない」と言う時、祖母自身の人生はどうだったのかと思うのと同時に、私と一歳違いのチーの「今(作品の舞台は10年程前か)」を見ながら、これから迫り来るあれこれについて考えた。

スーパーティーチャー 熱血格闘


「のむコレ3」にて観賞。

ここ数年、いかにも映画的な筋書きを綿密な調査やら何やらで裏打ちした作品が増えてきているけれど、これもその潮流にある一本と言っていい。準備した器が大きすぎてすかすかになっている感じは受けたけれども、荒唐無稽に見えながら色々なリアルが散りばめられていてぐっときた。香港で生まれ育ったパキスタン系二世や両親を亡くした新移民の子を始め、生徒達の住まいや保護者の仕事の様子といった環境が手短ながら丁寧に描かれている。

教育描写の方も、例えば冒頭の、ドニー先生というかチャン先生(ドニー・イェン)がタバコの話で一限もたせる場面など、ご丁寧に「総合を受け持つ」、最後に生徒の一人が「経済かと思ったら哲学、訳分からん」と口にしてくれるけど、教科の根っこは同じというところをきちんと押さえている。管理職の仕事とは責任を取ること、各教員の仕事はyou can do it!と伝えること、という基本も抜かりない。チャン先生の邁進も、教育界ほど先例主義であるところはないから経験のない彼にこそ出来るのだと思われてくる。

も・ち・ろ・ん、あんなにうまくいくわけない、というのは生徒とのあれこれよりも世の人々(特に保護者)はいい人ばかりじゃない、国は教育に金を出さない(って他の国では出してるの?)という部分により感じてしまったけれども。それでもあのテンポ、スピードは学校での時間は一分一秒が大切なものということの表れなんだ、チャン先生のタイミングがおそろしくいいのはああいう先生なんだからずーっと張ってて私達が見てるのはほんの一部なんだ、なんて思ってしまう(笑)そういう妙な力がある映画だった。

週末の記録


作ってもらった秋メニュー。
この時季恒例の練馬スパゲティは、練馬大根の葉を炒めたものをおろしに混ぜたことと、ツナ缶を使うところを燻製チキンに変えたところがいつもと違う。食べごたえあっていい。
オニオングラタンスープパンは、バゲットラビットのブールの「一番いいところ」(ど真ん中、切ったスイカで言えばてっぺん・笑)を30分炒めた玉ねぎによるスープに浸してチーズをのせて焼いたもの。これもゴージャスで美味。

ファイティング・ファミリー


冒頭、地元ノリッジでサラヤ(後のリングネーム・ペイジ/フローレンス・ピュー)が戦う間、オープニングタイトルが出るまで、モトリーの「Wildside」がほぼ丸々流れるが、ヴィンスのボーカルは無し。続くメイデンの「Bring Your Daughter to the Slaughter」も車中で皆が一緒に歌うためブルース・ディッキンソンの声は殆ど聞こえない。この映画では既成曲の男声が極力目立たないよう処理されている(クリスマスソングではそのまま聞こえるし、サラヤの旅立ちの場面の曲(何だか分からず)や最後のエリー・ゴールディングの曲などは女声が普通に流れる)。プロレスに親和性のある音楽を男の声でやると女の映画にならないからかなと考えた。

娘をアメリカへ送り出した母(レナ・ヘディ)の「WWEが欲しがる女はモデルやチア」にそういうものなのかと見ていると、その後の練習の様子に、出自がどうであろうがこんなすごいことをやっているんだから皆同じだろうと思わせられる(ただしそれは「傍から見て」であって、同じに見えても家族であっても人間は皆違うのだということもこの映画には描かれている)。同時に、例えば「女優」に対しても思うことだけれども、素晴らしい女優は数多いれど、スタートに立つ機会は(「美男」のそれに比べて)「美女」である割合が高いもんなあとも考える。だから先に書いたような何らかの操作が必要なのだと思う。

WWEロウでの初戦の後、「ここが私の家」と言いリングを下り仲間と喜び合い家族に語りかけるペイジと、故郷で赤子を抱きながらテレビを見る兄ザック(ジャック・ロウデン)、両者があまりに繋がっているのに…同じ場所として撮られているのにびっくりした。これは私達の居場所は先駆者(とその背後にいる人々)によって広がるという話なのだと受け止めた。

ロック様の登場一度目の「声色は違っても同じおれだ」には、冒頭サラヤが地元で試合のチラシを配っている時、「女らしい」少女達に「それ試合の服?」と言われ「これ私服だよ(これ私だよ)」と返していたのを思い出した。もとより彼女は自分のままでリングに上がっていたんだって。二度目の「うちもプロレス一家だったから」には、ロック様が「ワイルド・スピード」新作で自身のルーツを大々的に出してきたことを思い出した。ああそうか、そうして皆、世界を広げてるんだって。

平日&週末の記録


秋から冬へ。
花園神社酉の市本祭。それこそボジョレーの宣伝文句みたいに今年が一番…といつも言っているような気がするけれど、ほんとにほんとに、今年は超混んでいた。屋台にも近付けないほどだったので、脇の居酒屋清龍に寄って焼きそばとお好み焼きを食べて帰る。
ボジョレー・ヌーボーも恒例のルイ・テットで。


週末はずっと雨。
数年ぶりに高田馬場のロシア料理店チャイカでランチ。同居人はトロイカセット、私はモスクワ・セット。後者のこの日の魚料理はノルウェーサーモンのシャシリク(串焼き)。初めて食べたけど、お皿の全部が口に馴染んだ。


いちょう祭りの帰りにはキハチ本店にてデザートの盛り合わせ。和洋折衷で楽しかった。