カット オフ/BOYS ボーイズ

のむコレ3にて観賞。


▼「カット オフ」(2018年/ドイツ/クリスティアン・アルヴァルト監督)はモーリッツ・ブライプトロイ演じる検視官が連続少女暴行殺人犯に娘をやられる話。突如彼に頼まれ遠隔地で死体を解剖するリンダ役に、大好きな「東ベルリンから来た女」でニーナ・ホスの自転車の後ろに乗った少女、ヤスナ・フリッツィ・バウアー。この映画はあまりにサスペンスが過多で、ある種の面白さが潰されてしまっているように感じた。

作り手には関係ない話だけども、入場時にもらったチラシに「『ドラゴン・タトゥーの女』に対するドイツの答え」(The Hollywood News)とあり、娘を誘拐された父親が…というあらすじからしからしてそんなんじゃないのは分かっていたけれど(だって「娘」だからでしょう?/最後に少女達の顔を次々見せて唐突にエクスキューズしてくるけれども)やっぱり全然そんな話じゃなかった。そもそも女嫌いなんて殆どのお話に含まれている要素であって、「ミレニアム」シリーズの新しさというか良さはそれにどう対峙するかってとこにあったから。

この映画の女嫌い要素はサスペンスの材料の域を出ない、とはいえ、「ストーカーの元彼」(「ストーカーなんて便利な言葉だよね、やってることは全部暴力なのに」)につけ狙われているリンダが死体と一緒に閉じ込められるのは全然怖くない、生きている暴力男の方がよほど怖い、という描写は実によく分かる。


▼「BOYS ボーイズ(2014年/オランダ/ミーシャ・キャンプ監督)は15歳の少年が同じ陸上部の男の子と恋におちる話。体感としては上映時間の8割が少年あるいは少年達の躍動する肉体、1割が顔のアップ、残り1割が他という感じで時折気が遠くなりそうだったけれど、終わってみれば悪くなかった。主人公の恋に気付いた親友のくるりとした睫毛に人間愛、すなわち幸せが宿っていた。

オランダの映画を見る機会はあまり無い。先入観もあってか物語前半の強烈な光と陰、ソフトクリームの美味しそうなことが印象に残った。「最近両親が結婚したんだ、ぼくら子どもに夫婦ってものを見せるため」なんてセリフや韓国映画なら見ることのないどちらが年長か分からない兄弟。それでもやはり、少年は恋する相手の少年に「ぼくはゲイじゃない」と言い放つのだった。

オープニングの息遣いに始まり大方は体を動かしている場面。トレーニング風景には少年マークがしているバンダナのせいもあってか懐かしさを覚えた(私が見たことのある練習なんだから昔ながらのやり方なんだろう)。そこへ更に、少年が別の少年と知り合うことで新たな動き、つまりそれまで知らなかった体の使い方が加わるのが面白い。逆立ちや年の離れた妹を楽しませるための遊び、トランポリンなど。

ジョジョ・ラビット


10歳のジョジョがかっこよく制服を身に着け家の外へ飛び出していくと流れ始めるアヴァンタイトルの「抱きしめたい」は、まずは当時の人々のヒトラーへの「熱狂」に掛けられている。この時点で、しまいまで見ずに、そんな考え無しな…と思わせない何か、何だろう?がワイティティの映画にはある。年始に見た「ロング・ショット」の二人の信条がふと脳裏に浮かんだ。

息子をヒトラー・ユーゲントのキャンプに行かせたり怪我をして帰ってくれば事務所に乗り込んだりといった、始め掴めないママ(スカーレット・ヨハンソン)の行動原理が「できることをする」であると途中のセリフで分かる。匿っている少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)の前で「息子かあなたかどちらかを選ぶとなれば…」と打ち明けもするし、「一人でも生き残ればあなた達の勝ち」と、一瞬残酷なのではとも思える言葉も放つ。それも「できることをする」一環だ。

リルケも言っている、『愛する人を束縛してはいけない』って」。それは当初、自身に都合がいいよう右から左へ(左から右へ)書き写されたただの文だが、「愛こそ最強」というママ=ボスの導きによってジョジョの中に正しく根付く。人には本と導きが必要。そしてそう、恋愛自体がナチ的なものへの反抗に違いないのだ。

フォードvsフェラーリ


最後の方は悲しい気持ちになった。ゴールの後、大勢とは逆の方向に歩いてゆくキャロル・シェルビー(マット・デイモン)とケン・マイルズ(クリスチャン・ベール)の姿は、フォード社副社長レオ・ビーブ(ジョシュ・ルーカス)の言う「純粋な」…この場合はチームでなく自分のことしか考えない…人間が慣れないことをしても結局は資本主義の大きな流れに飲み込まれて消されてしまう、そのことへのささやかな反抗を表しているように思われたから。尤も私は「人より速く走ったから何なの」の人間だけども(「栄光のル・マン」より)。

最初と終盤で繰り返されるシェルビーの「マシンが消え自分の精神と肉体だけが進んでゆく」(を体感させたいんだろう、この映画の走行シーンは)には、それを得るためには大金が要るが一握りの人間はそこから遠く離れた場所へ行くことができるといういわば矛盾を感じた。世の中にそういうことってままある。世の中がそうであるように複雑な話なのだ。

事前に「24時間戦争」(2016年アメリカ制作)を見た際、シェルビー・アメリカンの面々が口を揃えて「楽しい会社だった、いたずらばかりしてた」と言っていたのが印象的だった。映画の序盤、道行く女の子達に花火をけしかける場面に男の言ういたずらってやっぱりそれかと思っていたら、そういうわけではなく、本作の「やんちゃ」は全てシェルビーがケンを走らせ勝たせるために行うものなのだった。ビーブを閉じ込めフェラーリ側のストップウォッチを盗みナットで騒動を起こさせてと、この要素だけ奇妙に現実離れして見えた。

映画の序盤、背景(フォード)と前景(シェルビーら)を繋ぎ私達を話に誘ってくれるのがジョン・バーンサル演じるリー・アイアコッカ。この映画は複雑な世の中をそのまま映し出すことには成功していないけれど、どこにも足の着いていないような彼は魅力的に感じられた。2世にアイデアを出すよう申し渡され、三年不振だったのをそうだと思いついていそいそプレゼンし、騙されたと分かるもめげずに打って出る。イタリア系の彼が買収を「マフィアが自由な女神を買いに行く」(同僚いわく「逆じゃないのか?」)とたとえるのが面白い。

それにしても口が上手いのはアイアコッカよりシェルビーで、日曜日のスピーチに始まり2世の前での「今年も又あなたが私を信頼することをフェラーリは恐れています」!「24時間戦争」では64年のル・マンにおいて既にフォードが速さについては実証したと語られていたが、本作ではそれを彼のセリフにほぼ任せているのが上手い。しかし、66年に至るまでル・マンで完走したことがなかったフォードにとって重要なのは耐久性だったはずで、その勝利をシェルビーとケンの話にするには、前者が後者を「これは彼が作った車です」と推薦しまくるだけではちょっと弱い気もした。

笑福亭たま独演会


開口一番(「手紙無筆」立川幸七)
桂鷹治「初天神
笑福亭たま「時うどん」
笑福亭笑子(スタンダップコメディ
笑福亭たま「ペッパーラッパー」
 (中入)
三遊亭円丈「悲しみは埼玉に向けて」
笑福亭たま「松曳き」
 (1/13・日本橋劇場)

平日の記録


コーヒーと甘いもの。
ニュウマンに昨年末に開店したRoasted COFFEE LABORATORY / HI-CACAO CHOCOLATE STANDのスタンドにてちょこっと休憩。ラズベリーのブラウニーが美味しかったから、他の種類のも買ってみたい。
人形町に出た際には、ユニゾンコーヒーでカフェラテとキャロットケーキ。酸っぱめのチーズクリームが合ってこれまた好みだった。

パラサイト 半地下の家族


昔、とある芸能人が毎日数時間入浴するという話題に触れて、災害時にはどうするんだろうと言ったらそういう人はそういう目に遭わないんだよと返されたものだけど、階段を下りた息子ギウ(チェ・ウシク)の「(大学生の友人)ミニョンだったらどうするかな」に対する娘ギジョン(パク・ソダム)の「こんなこと起こらない!」がまさにそれなのだ。

(以下少々「ネタバレ」しています)

「運転手」キテク(ソン・ガンホ)が「家政婦」チョンソク(チャン・ヘジン)の尻を掴むのは、普段と違う「上品のふり」にそそられたからと思われる。パク(イ・ソンギュン)と妻(チョ・ヨジョン)も逆、逆というからにはつまり同様で、その言葉は使うなよ、うちの品が落ちるからな、の「カーセックス」と「パンティ」にこそ欲情する。言ってみれば格差に性欲が生まれるということだ。

印象的だったセリフは地下暮らしの夫が口にする「老後は愛情で生きる」。例えば今の日本政府にとってみたら、何て都合のいい認識だろう。選択肢のないそれは最悪である。この言葉の背後に映るのは地下夫婦の枕元の使用済みコンドームの束で、穿った見方をすれば、窓の無い場所では格差に性欲を抱く余裕すらないのだと言える。

それにしても後半、映画ってこんな色々でもって飽きさせないようにする必要があるのだろうかと思ってしまった(そりゃ好き好きの問題だろう、でおしまいだけども)。例えばこの映画の「計画」は「家族を想うとき」の「努力」と通じるけれど、そちらがあの一場面しか出てこないのに対し「計画」は何度も上手い具合に使われて「キーワード」のようになってしまう。例え映画が結局は半地下に終わっても、冒頭のように身に染みてはこないのだった。

三連休の記録


作ってもらった料理。
お雑煮のおつゆの最後を使ったあんかけ焼きそば。先日もらった生胡椒といつもは食べる直前に掛けるはばのりを予めあんに混ぜ込んだのが特徴で、初めての味わい。合っていた。
塩麹を使ったぶり大根は下処理の後に麹と水で煮ただけだそうだけどとても美味しかった。その他のメニューは鶏団子と春雨と青梗菜のスープにきゅうりとわかめの酢の物。わかめだけ私が担当した(笑)