きつねのよめいり


美大生の出てくる作品を描く少女漫画家といえば、今なら羽海野チカ(早く次の連載に移って欲しい…)、もう一世代前なら、ぱっと思いつくのは吉田秋生森脇真末味。この二人は雰囲気が似ている。正確には、表面的には似てるようで(男を描くのがとにかく好きってとこ)、じつは全然似てないといえるかな。音楽の趣味も違うし(笑)
ともあれ、漫画家さんは、デビュー当初は慣れ親しんだ環境を舞台にするものなのか、二人とも、初期は美大生が登場する、あるいは絵描きが主人公の作品を幾つか描いてます。
(ちなみにハチクロの舞台のモデルは多摩美(作者自身は美大出ではない)、吉田作品のはおそらく自身の出身校である武蔵美武蔵美出身の少女漫画家には他にくらもち姉妹とか)
他に美大が出てくる少女漫画といえば、吉野朔実の「ジュリエットの卵」などがある。といっても私は美大については何も知らないんだけど。


私は吉田秋生、苦手なとこもあるのですが、初期の短編はどれも好きです。実家に置いてきてしまったので、デビュー作含む短編集「きつねのよめいり」を文庫で買い直しました。文庫ならこれと「夢みる頃をすぎても」(ASIN:4091910084)がやはりいい。短編好きってのもあるけど(大体最近の少女漫画は連載長すぎ!読むのたいへんだよ)

きつねのよめいり (小学館文庫)

きつねのよめいり (小学館文庫)

ここに入ってるのは、ほとんどがちょっとした「超現実」モノ(動物を擬人化した物語や、おとぎ話のパロディ?など)で、独特のしれっとした雰囲気がとても味わいぶかい。結構耽美ぽい絵柄のキャラも出てきたりして、意外(笑)
(ちなみに私が吉田秋生のどこが苦手かというと、たとえば「十三夜荘奇談」(これは傑作。登場人物が過去の体験談をしみじみ語るという、後の作品にもよく見られるシーンが印象的)の作中、飲み会で脱いで踊ってる男子を見て女の子たちがキャーキャー喜ぶ→他の男「ヤダヤダ美大の女は…」という、まあどうでもいいひとコマがあるのですが、こういう、自分ひいては女性全般に対する自虐趣味が、どうにも合わない)